2017-10-15(Sun)

ウスキテングタケ(Amanita orientigemmata Zhu L. Yang & Yoshim. Doi)

平成29年08月04日(金)(2017年) 空港公園

発生したばかりのきれいな子実体が群生していた。幼菌から成菌まで見事だった。観察したみんなが喜んでいた。
周辺にたくさんの子実体が群生していた。

usukitengutake1-2908041.jpg

usukitengutake1-2908042.jpg

usukitengutake1-2908043.jpg

usukitengutake1-2908044.jpg

usukitengutake1-2908045.jpg



2017-10-12(Thu)

イロガワリキヒダタケ(Phylloporus bellus var. cyanescens)

平成29年08月04日(金)(2017年) 空港公園

今日の更新でまた少し時間が空きそうだ。しばらく続いた忙しさもPCになれてきたりして、少し落ち着いたかと思っていたら、他のスケジュールをいくつか忘れていた。

このキノコは見た目はキヒダタケと全く同じだが、傷つけると青変する。青変するものをイロガワリキヒダタケというのだが、変化の具合に変化が大きい。少しだけ変化するものから速やかに青変するものまであって、見分けに苦労する。

irogawarikihidatake2908041.jpg

irogawarikihidatake2908042.jpg

irogawarikihidatake2908043.jpg

2017-10-09(Mon)

チクビホコリタケ(LYCOPERDON MAMMIFORME SYN. LYCOPERDON MAMMAEFORME)

平成29年08月04日(金)(2017年) 空港公園

(H291010 追記)コメントをいただき、学名;シノニム LYCOPERDON MAMMAEFORMEで検索すると、「ワタゲホコリタケ」がいくつかヒットした。さらに検索すると「検証 キノコ新図鑑 城川四郎(著 )神奈川キノコの会(編)」に掲載されていることが分かった。なんと自分も持っている図鑑なのに、探しきれなかった。いつものことなのだが(汗)
図鑑によると「チクビホコリタケ」「ワタゲホコリタケ」「オキナホコリタケ」の3つが提唱されている。学名LYCOPERDON MAMMIFORMEの直訳は「ちくび」と記述されている。


この表面の感じは何だろう? トゲっぽい感じが全くない。

hokoritakezoku1-2908041.jpg

hokoritakezoku1-2908042.jpg


2017-10-09(Mon)

ヌメリガサ科だろうか

平成29年08月04日(金)(2017年) 空港公園

イッポンシメジ科かなと思うが、ぬめりがさ科のような気もする。結局分からん。

fumeisyu1-2908041.jpg

fumeisyu1-2908042.jpg

fumeisyu1-2908043.jpg

fumeisyu1-2908044.jpg

プロフィール

花鳥きのこ好き

Author:花鳥きのこ好き
2012年7月12日(木)に開設しました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
滞在ユーザーカウンター
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる