2018-02-25(Sun)

ホオベニシロアシイグチ(Pseudoaustroboletus valens)  イグチ科ホオベニシロアシイグチ属

平成29年09月29日(金)(2017年) 福島県南部

自分の少ない経験では、ホオベニシロアシイグチはいつも単体でぽつんと発生している。
イグチ科の中では大きいタイプになると思うが、以外に目立たない。
どことなく薄汚れたような灰褐色の傘が目立たなくしているのだろうか。
柄に隆起した網目がやたらにごつい感じで目立つ。
傷つくと褐色に変色するのが特徴だ。

hoobenisiroasiiguti1-290929-1.jpg

hoobenisiroasiiguti1-290929-2.jpg

hoobenisiroasiiguti1-290929-3.jpg

hoobenisiroasiiguti1-290929-4.jpg

hoobenisiroasiiguti1-290929-5.jpg

hoobenisiroasiiguti1-290929-6.jpg

hoobenisiroasiiguti1-290929-7.jpg

hoobenisiroasiiguti1-290929-8.jpg
2018-02-23(Fri)

不明菌

平成29年09月29日(金)(2017年) 福島県南部

ブナかミズナラの木の洞に発生していた。
あまりに暗くてカメラの感度を上げても手ぶれしてしまい、この程度の画像しかない。
三脚を持っていかなかったのでしょうがないな。

hokorakinoko1-290929-1.jpg

hokorakinoko1-290929-2.jpg
2018-02-23(Fri)

ホコリタケの仲間?

平成29年09月29日(金)(2017年) 福島県南部

ホコリタケ属でいいような気がするんだけどなぁ。
外皮のトゲトゲの数が密集している。類推形のトゲが落ちて円盤状に残っている。このようなタイプは初めて見たような気がする。
ひょっとしてアラゲホコリタケモドキだろうか。それとも単なるタヌキノチャブクロカなぁ。
1時間以上ネットや図鑑で調べてみたけど、結局分からん。
成熟したわけじゃないよなぁ。触ったら硬かったし・・・。

hokoritakeka1-290929-1.jpg

hokoritakeka1-290929-2.jpg

hokoritakeka1-290929-3.jpg


2018-02-22(Thu)

不明種

平成29年09月26日(火)(2017年) 川内村(福島きのこの会)

他参加者の採集菌。
「サクラタケかなぁ」と思うだけで全く自信が無い。違うよなぁたぶん。
ひょっとしてキツネタケ属だろうか。こんな赤い種は見たことがない。それともヌメリガサ科かなぁ。
分からん。標本としてもらってきて胞子を見ると良かったか。

sakuratakeka1-290926-1.jpg

sakuratakeka1-290926-3.jpg

sakuratakeka1-290926-2.jpg
2018-02-14(Wed)

カバイロツルタケ(Amanita fulva)  テングタケ科テングタケ属

平成29年09月22日(金)(2017年) 五十人山

毎度毎度のカバイロツルタケ。もう見飽きたと言われそう。

kabairoturutake1-290922-1.jpg
プロフィール

花鳥きのこ好き

Author:花鳥きのこ好き
2012年7月12日(木)に開設しました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
滞在ユーザーカウンター
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる