2017-10-09(Mon)

チクビホコリタケ(LYCOPERDON MAMMIFORME SYN. LYCOPERDON MAMMAEFORME)

平成29年08月04日(金)(2017年) 空港公園

(H291010 追記)コメントをいただき、学名;シノニム LYCOPERDON MAMMAEFORMEで検索すると、「ワタゲホコリタケ」がいくつかヒットした。さらに検索すると「検証 キノコ新図鑑 城川四郎(著 )神奈川キノコの会(編)」に掲載されていることが分かった。なんと自分も持っている図鑑なのに、探しきれなかった。いつものことなのだが(汗)
図鑑によると「チクビホコリタケ」「ワタゲホコリタケ」「オキナホコリタケ」の3つが提唱されている。学名LYCOPERDON MAMMIFORMEの直訳は「ちくび」と記述されている。


この表面の感じは何だろう? トゲっぽい感じが全くない。

hokoritakezoku1-2908041.jpg

hokoritakezoku1-2908042.jpg


2016-11-07(Mon)

ホコリタケ属(Lycoperdon)

平成28年09月25日(月) (2016年) 福島県南

hokoritake1-2809251.jpg
2016-08-02(Tue)

ホコリタケの仲間?

平成28年07月14日(木) (2016年)  宇津峰山

不明菌のすぐ側に発生していた。トゲがずいぶんと尖っている気がする。
ホコリタケの仲間で良いのかなぁ。

hokoritakei2807141.jpg
2016-04-21(Thu)

タヌキノチャブクロかな

平成28年04月05日 (2016年) 矢大臣山

木から発生しているのでタヌキノチャブクロとしたけど,安易すぎるだろうなぁ。

tanukinotyabukuro-2804051.jpg

tanukinotyabukuro-2804052.jpg

取りあえず胞子を確認してみたけど、よく分からない。よく見たらただの丸形ではなく、くちばしみたいのがあった。さらによく見ると周辺がギザギザに見えたり、いろいろな形があるように見える。

tanukinohousi1-2804051.jpg

tanukinohousi1-2804052.jpg

tanukinohousi1-2804053.jpg


2015-11-27(Fri)

ホコリタケ属

平成27年09月23日 宇津峰山

かなり朽ちた木の根元付近に発生していた。木から発生しているのか地面から発生しているのか不明。かなり成熟していてキツネノチャブクロかタヌキノチャブクロと思うがよく分からない。

hokoritake1-2709231.jpg

hokoritake1-2709232.jpg

hokoritake1-2709233.jpg


プロフィール

花鳥きのこ好き

Author:花鳥きのこ好き
2012年7月12日(木)に開設しました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
滞在ユーザーカウンター
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる