2016-04-01(Fri)

ニガクリタケ(Hypholoma fasciculare)

平成27年11月24日 花塚山(2015年)

見た目がかなりクリタケに近かった。もしかしてクリタケじゃないかなと一瞬思った。ひだを見るとやや黄色味がかっているので、ニガクリタケだろうと思った。念のためにかじってみたら「チョーニゲー!! ペッペッペ」と何度もつばを吐き出した。

nigakuritake2-2711241.jpg

nigakuritake2-2711242.jpg

nigakuritake2-2711243.jpg

nigakuritake271124-2.jpg

nigakuritake271124-1.jpg

以下の画像もニガクリタケと思っていたが、画像を再確認してみると、ひだの色合いが何となくクリタケっぽい感じがする。
今となってはどっちだか分からん。毎回同じことの繰り返しだなぁ。

nigakuritake3-2711241.jpg

nigakuritake3-2711242.jpg


2015-02-09(Mon)

ニガクリタケ

平成26年12月03日  白河市

これはニガクリタケで間違いない。凍りついていた。
この日に見たきのこは全てカチカチに凍りついていたなぁ。

nigakuritake261203GX71.jpg

nigakuritake261203GX72.jpg



2015-01-19(Mon)

ニガクリタケ

平成26年10月09日  牡丹園

このきのこは年中,どこにでも発生しているなぁ。

nigakuritake261009P1.jpg

nigakuritake261009P2.jpg
2014-09-25(Thu)

ニガクリタケ?

平成26年08月28日 牡丹園

撮影しているときは埋もれ木から発生したニガクリタケだろうと思った。
帰宅後に画像を確認すると,傘が繊維質のように見える。「あれ?ニガクリタケってこんな傘だったかな」と疑問を感じたとたんに,分からなくなってしまった。普段からよく観察していないからだなぁと,またまた反省だ。
多分ニガクリタケでいいだろうと思うのだが,自信がないよ~。

図鑑と照らし合わせてみると
ひだは直生(北陸のきのこ図鑑) 上生-湾生(新菌類図鑑),柄は中空(両図鑑)などほぼ合っている。

fumei1-2608284.jpg

fumei1-2608281.jpg

fumei1-2608282.jpg

fumei1-2608283.jpg

fumei1-2608285.jpg

fumei1-2608286.jpg

fumei1-2608287.jpg
2013-12-02(Mon)

ニガクリタケ?

平成25年11月24日 八溝山

ニガクリタケと思われるきのこが発生していた。かじってみなかったので,味が苦いかどうか不明。色が赤っぽいが,実際の色はもう少し黄色みがあった。

nigakuritake1-2511273.jpg

nigakuritake1-2511274.jpg

下記画像は同じ腐木ですぐ近くにあった。近いからといって同一種とは言えないが,ニガクリタケと思う。成熟しきるとこんなに真っ黒くなるのだろうか。違うかもしれないなぁ。違うなぁ。きっと。

nigakuritake1-2511271.jpg

nigakuritake1-2511272.jpg



プロフィール

花鳥きのこ好き

Author:花鳥きのこ好き
2012年7月12日(木)に開設しました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
滞在ユーザーカウンター
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる