2016-09-29(Thu)

ヤマドリタケモドキ(Boletus reticulatus Schaeff. s. l.)

平成28年09月01日(木) (2016年) 牡丹園

巨大化して群生していた。その雰囲気を画像で出せたかなと思う。

yamadoritakemodoki1-2809012.jpg

yamadoritakemodoki1-2809011.jpg

幼菌の傘にハエが止まっていた。慌ててシャッターを押してみた。
yamadoritakemodoki1-2809013.jpg

ハエがいなくなったのでもう1枚。
yamadoritakemodoki1-2809014.jpg

2013-10-06(Sun)

ヤマドリタケモドキ

平成25年9月18日 牡丹園

ヤマドリタケモドキもいまだに発生していたが,さすがにもう時期が終わりだな。という感じだった。

yamadoritakemodoki1-2509181.jpg


この子実体もヤマドリタケモドキでいいと思うのだが,やけに柄が長い。柄を見ると網目が微かに見える。
yamadoritakemodoki2-2509181.jpg

yamadoritakemodoki2-2509182.jpg
2013-07-25(Thu)

ヤマドリタケモドキ

平成25年7月16日 牡丹園

本日もヤマドリタケモドキ大発生。当地方ではどうやらあちらこちらで発生しているようだ。

yamadoritakemodoki2507161P.jpg

yamadoritakemodoki2507164P.jpg

yamadoritakemodoki2507163P.jpg

yamadoritakemodoki2507162P.jpg

2013-07-18(Thu)

ヤマドリタケモドキ

平成25年7月8日 牡丹園

7月4日に見たヤマドリタケモドキの幼菌を見たが,その時は種が分からなかった。成熟するとどうなるのか興味があったので,雨上がりの日に現地に行ってみた。
行ってみるとビックリする状態になっていた。

この幼菌が7月4日に撮影したもの。
yamadoritakemodoki2507041.jpg

そしてこちらが4日後の姿。見事な子実体に成長していた。傘の径が20㎝ほどに成長していた。
yamadoritakemodoki2507081P.jpg

yamadoritakemo2507082P.jpg

他にも大量に発生していた。ほとんどが既に成熟しきっていて,1日遅かった感じだ。前日に見に来たかったが,雨で来ることができなかったのが残念。
yamadoritakemodoki2507085P.jpg

yamadoritakemodoki2507086P.jpg

yamadoritakemodoki2507089P.jpg

yamadoritakemodoki2507088P.jpg

yamadoritakemodoki2507087P.jpg

yamadoritakemodoki2507082P.jpg

yamadoritakemodoki2507083P.jpg

yamadoritakemodoki2507084P.jpg



2013-07-14(Sun)

ヤマドリタケモドキ

平成25年7月4日 牡丹園

このような幼子実体を昨年も見つけた。成熟するとどうなるのか興味があったし,何よりこのきのこの名前も知りたいと思っていた。
しかし,10日ほど過ぎてもそのまま大きくならず乾燥してしまった。
ヤマドリタケモドキかホオベニシロアミアシイグチかと悩んだが結論が出なかった。
今年も同じ所に発生していたので,期待を持って撮影し,数日後にまた見に来ようと思って帰ってきた。

4日後に見に行ったら驚きの結果になっていた。

yamadoritakemodoki2507041.jpg
プロフィール

花鳥きのこ好き

Author:花鳥きのこ好き
2012年7月12日(木)に開設しました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
滞在ユーザーカウンター
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる