2013-07-06(Sat)

コゲイロハツタケ

平成25年7月2日 安達太良山

最初に見たときの印象は,成熟して傷みかけているきのこに見えた。しかし,柄やひだを確認すると,特に痛んでいる様子が無いので撮影して持ち帰った。
帰宅後,子実体のひだの一部分が黒っぽく変色している。「あれ? クロハツモドキか」と思ったが,昨年見た,多くのクロハツモドキとは何となく雰囲気が違う。

図鑑にクロハツモドキの類似種でコゲイロハツタケというのがあると記載されていた。
特徴は
「原色日本新菌類図鑑」によるとはじめ僅かに赤変→灰色に変色。
「北陸のきのこ図鑑」によると暗赤褐色→暗褐色→黒褐色と記載されている。
つまり,コゲイロハツタケは最終的にクロハツモドキのように黒変しない。

この子実体を翌日ふたたび確認したが,黒変せず暗褐色のままだった。
このことからコゲイロハツタケとした。

kogeirohatutake2507021P.jpg

kogeirohatutake2507022P.jpg

下記画像2枚は帰宅後に撮影。
kogeirohatutake2507023P.jpg

kogeirohatutake2507024P.jpg

下記画像は翌日撮影。黒変していない。
kogeirohatutake2507025P.jpg
プロフィール

花鳥きのこ好き

Author:花鳥きのこ好き
2012年7月12日(木)に開設しました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
滞在ユーザーカウンター
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる