2015-07-25(Sat)

カッパツルタケ(Amanita battarrae)

平成27年07月07日 白河市

一目見たときの印象はカッパツルタケと思ったが,よく見ると柄にだんだら模様がある。「あれ?カッパツルタケの柄にこんな模様があったっけ」と悩んでしまった。ひょっとしてカバイロツルタケかと思い始めて,帰宅後に洋書図鑑を見るとハッキリと模様があった。

kappaturutake1-2707071.jpg

kappaturutake1-2707072.jpg

kappaturutake1-2707073.jpg

kappaturutake1-2707074.jpg

kappaturutake1-2707075.jpg
2014-09-21(Sun)

カッパツルタケ

平成26年08月28日 牡丹園

群生していた。
kappaturutake1-2608281.jpg

kappaturutake1-2608282.jpg

kappaturutake1-2608284.jpg

kappaturutake1-2608285.jpg

kappaturutake1-2608283.jpg

2013-08-21(Wed)

カッパツルタケ

今回見つけた子実体はいかにもカッパのイメージがする。

kappaturutake2508032P.jpg

kappaturutake2508033P.jpg

kappaturutake2508034P.jpg

kappaturutake2508035P.jpg

kappaturutake2508036P.jpg

kappaturutake2508037P.jpg

kappaturutake2508031P.jpg

2013-08-06(Tue)

カッパツルタケ

平成25年7月26日 牡丹園

このきのこもカッパツルタケで間違いないだろう。「Geoffrey Kibby」の図鑑の「battarrae」にそっくりだ。
今度出会ったら切断面やひだも撮り忘れないようにしなくちゃ。

battarrae2507262P.jpg

battarrae2507261P.jpg

つぼの中を撮影した。毛状のものが見られる。
battarrae2507263P.jpg

2013-08-06(Tue)

カッパツルタケ

新潟のきのこ図鑑にカッパツルタケが掲載されていて,学名は「battarrae」と記述されていた。
「Geoffrey Kibby」の図鑑の「battarrae」はむしろこの画像にそっくりだ。7月28日にブログアップしたカッパツルタケは,中央付近に色の変化が見られないので,やや自信がないが,ひだに縁どりもあるので,間違いないと思っている。

battarrae2507201P.jpg
プロフィール

花鳥きのこ好き

Author:花鳥きのこ好き
2012年7月12日(木)に開設しました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
滞在ユーザーカウンター
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる