2015-12-08(Tue)

アセタケ属?

平成27年10月15日 猫魔ヶ岳(2015年)

苔むした地上から発生していた。アセタケ属の傘ってなんか魅力的だ。このように感じるのは私だけかな。

asetakezokuka2710151.jpg

asetakezokuka2710152.jpg



2015-10-19(Mon)

アセタケ属(Inocybaceae)

平成27年08月25日 福島県会津

よく観察しなかったけどアセタケ属だな。

asetakezoku1-2708251.jpg

2014-07-04(Fri)

アセタケ属

平成26年6月23日 牡丹園

このきのこを見つけたときには,疲労困憊して気力が落ちていた。
「取りあえず写真を撮っておこう」程度の気持ちだったので,ほとんど観察しなかった。体力・気力を付けなきゃいかんなぁ。

成熟しきったものばかりなので,多分アセタケ属だろうとしか分からない。シラゲアセタケ?オオキヌハダトマヤタケ? 傘径が8㎝前後あった。シラゲアセタケはこんなに大きくならないと思うんだが。
fumeisyu1-2606231.jpg

fumeisyu1-2606232.jpg

柄の部分を拡大してみると,白色粒状点らしきものが写っていた。
fumeisyu1-2606232-1.jpg

fumeisyu1-2606233.jpg

fumeisyu1-2606233-1.jpg


2013-11-05(Tue)

アセタケ属?

平成25年10月18日 宇津峰山

アセタケ属かなぁ。多分。
シラゲアセタケに似ているようだが,笠の繊維紋が違うような気がする。それと,ひだが湾生しているようにも見える。湾生の方は違いとしてはあまり重要で無い気もするが。

asetakezoku1-2510181.jpg

asetakezoku1-2510182.jpg

asetakezoku1-2510183.jpg


2013-08-31(Sat)

アセタケ科?

平成25年8月27日(火)  牡丹園

平成25年7月16日 牡丹園←リンクに行ったときにも発生していた。その時は全く分からなかったが,今回また発生していたので,「図解 きのこ鑑別法」で検索してみた。

どうやらアセタケ科のようだ。

fimeisyu1-2508285.jpg

fimeisyu1-2508284.jpg

fimeisyu1-2508286.jpg

下記画像では分かり難いが,ひだは離生していない。
fimeisyu1-2508288.jpg

ひだの色は帯紫暗褐色。
fimeisyu1-2508287.jpg

3m四方に無数に発生していた。
fimeisyu1-2508289.jpg

幼菌。傘に毛羽立ちのような鱗片があり,柄はささくれている。成熟した子実体にも見られる。
fimeisyu1-2508281.jpg

fimeisyu1-2508283.jpg

幼菌のひだは帯紫暗褐色をしていない。
fimeisyu1-2508282.jpg

プロフィール

花鳥きのこ好き

Author:花鳥きのこ好き
2012年7月12日(木)に開設しました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
滞在ユーザーカウンター
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる