2018-02-28(Wed)

ホウキタケの仲間

平成29年09月30日(土)(2017年) 空港公園(課外施設)

今やこのホウキタケの仲間はDNAで確認しないと種名が分からないらしい。そう言われるとどうしょうもないとあきらめるしかない。
図鑑を調べて「あれかな?これかな?」と種名をさがす楽しみが無くなってしまう。
まぁ、無理矢理でコガネホウキタケあるいはキホウキタケでどうかな。

hanahoukitakeka1-290930-1.jpg
2018-01-26(Fri)

ハナホウキタケ近縁?

平成29年09月08日(金)~10日(日)(2017年) 菌類懇話会合宿

久しぶりのブログ更新になってしまった。
昨年のクリスマスにパートナーが少し調子が悪い状況で、二人で一泊二日のバードウオッチングに行った。初日に重い撮影機材を担ぎ寒い中で野鳥の撮影した。その夜にパートナーが「寒い」と言いだし、翌日は撮影を切り上げて帰宅するも、途中観察に良さそうな場所があったので、寒い中を野鳥環境を見て歩いた。車中に戻るとパートナーがほとんど話さなくなり、帰宅後は「寒い、寒い」と言って早くに就寝。
翌日からほとんど動けない状態になり、二日後に私が「病院に行った方が良いよ」と言うと
「そうする」とのことで病院へ。その後、諸々あり完治まで3週間以上かかった。
なので、年末から今年の20日頃まで、炊事・洗濯・買い物などの家事全般を行い、病院に数回同行した。
1月20日前後からやっと自分の趣味を再開可能になったが、やらなければならない雑多が多すぎて、ブログ更新まで手が回らなかった。
今年のきのこ採集シーズンまでに昨年撮影したきのこを全て終わらせるため、更新のスピードアップを図るようにしよう。

ハナホウキタケらしいきのこ。専門に研究されている人によると、DNA的には断言できないようだ。

hanahoukitakeka1-290908-1.jpg

2013-09-17(Tue)

ハナホウキタケの仲間?

平成25年9月12日(木)

40m前後の範囲に数個が発生していた。鮮やかな朱紅色のものと成熟して色が褪せたように思われる子実体があった。
ハナホウキタケと思ったが,先端部分が黄色身を帯びていない。
この仲間は未分類らしいので,ハナホウキタケの仲間としておけば間違いないのだろう。

hanahoukitake2509124P.jpg

hanahoukitake2509122P.jpg

先端部分の拡大画像。
hanahoukitake2509125P.jpg

成熟して退色したと思われる子実体。
hanahoukitake2509121P.jpg
プロフィール

花鳥きのこ好き

Author:花鳥きのこ好き
2012年7月12日(木)に開設しました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
滞在ユーザーカウンター
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる