2017-08-18(Fri)

ホテイイロガワリ( Boletus ventricosus Taneyama & Har. Takah.)

平成29年07月17日(月)(2017年)  空港スポーツ公園

H290906(水)修正
ご教示いただきタイトルの学名を( Butyriboletus ventricosus (Taneyama & Har. Takah.) Vizzini & Gelardi,)→(Boletus ventricosus Taneyama & Har. Takah.)に修正(Vizzini & Gelardi,を削除した)

H290826(土)修正
ホテイイロガワリであるとご教示いただいたので、タイトルをホテイイロガワリ( Butyriboletus ventricosus (Taneyama & Har. Takah.) Vizzini & Gelardi,)かな?→ホテイイロガワリ( Boletus ventricosus (Taneyama & Har. Takah.) Vizzini & Gelardi,)かな?のように修正
ホテイイロガワリかどうか自信がなかったのでご教示いただきありがたかった。

以下はH290818(金)に記載
落枝と草に覆われるようにして発生していた。今にもつぶされそうな状態だった。
ホテイイロガワリかなと思うが、もう少し成長してくれないと自信がないなぁ。

hoteiirogawari2907171.jpg

hoteiirogawari2907172.jpg

hoteiirogawari2907173.jpg

hoteiirogawari2907174.jpg

hoteiirogawari2907175.jpg

hoteiirogawari2907176.jpg

hoteiirogawari2907177.jpg

hoteiirogawari2907178.jpg

2016-08-11(Thu)

ホテイイロガワリ( Butyriboletus ventricosus (Taneyama & Har. Takah.) Vizzini & Gelardi,)

平成28年07月23日(土) (2016年) 菌懇会合宿

前日(8月10日)の続き

傘の色がミヤマイロガワリなどと比べると、柄の赤色より茶褐色に近い色合いに見える。ミヤマイロガワリは柄とほぼ同色の紅色が強い傾向があるかな。

hoteiirogawar3-i2807231.jpg

hoteiirogawar3-i2807232.jpg

hoteiirogawar3-i2807233.jpg

hoteiirogawar4-i2807231.jpg

切断面の変色の仕方が瞬時に青変する。撮影で元の色を残すことが難しいくらい。
hoteiirogawar4-i2807233.jpg

hoteiirogawar4-i2807234.jpg

hoteiirogawar4-i2807235.jpg

柄の頂部にはよく見ないと分からないくらい微かに網目模様がある。子実体によってはややハッキリしているのもある。
hoteiirogawar4-i2807236.jpg

2016-08-10(Wed)

ホテイイロガワリ( Butyriboletus ventricosus (Taneyama & Har. Takah.) Vizzini & Gelardi,)

平成28年07月23日(土) (2016年) 菌懇会合宿

2年前に宇津峰山で見て以来のホテイシメジだった。当時の子実体は特徴がハッキリしていなくて、断定できなかったが今回は十分に観察できた。

hoteiirogawar1-i2807231.jpg

hoteiirogawar1-i2807232.jpg

hoteiirogawar1-i2807233.jpg

hoteiirogawar2-i2807231.jpg

成菌になってからも管孔が異常に短いのが特徴のようだ。
hoteiirogawar2-i2807232.jpg

次回に続く。


2014-10-17(Fri)

ホテイイロガワリ

平成26年08月29日 宇津峰山

コナラ林下に多数発生していた。今となって後悔しても始まらないが,多くの子実体を撮影しておけば良かった。

牛肝研究所の種山様から「ホテイイロガワリと思われる。」とのご教示をいただいた。
ホテイイロガワリは2013年に「牛肝研究所」のサイトで新種と紹介されている種だ。
傘の厚みに比較して極端にひだが狭い。柄の網目が頂部は鮮明だが下方に向かい縦長不鮮明。強い青変性等が特徴と記述されている。
柄の肉は記されていないが,写真画像を見ると傘肉は淡黄白色,柄肉は黄色で基部にやや赤身がある。

私のアップした子実体は,柄の肉が帯喝赤色-ワイン色をしている。
このことは,種山様から,nivalis様の掲示板「きのこおしゃべりボード」で,あくまでも想像との前置きで,雨による影響と思われること。乾燥標本をみると分かることなどのご教示をいただいた。

hoteiirogawari1-2608291.jpg

hoteiirogawari1-2608293.jpg

hoteiirogawari1-2608294.jpg

hoteiirogawari1-2608292.jpg

hoteiirogawari1-2608296.jpg

hoteiirogawari1-2608295.jpg

hoteiirogawari2-2608291.jpg

hoteiirogawari2-2608292.jpg

hoteiirogawari1-2608297.jpg

hoteiirogawari2-2608294.jpg

hoteiirogawari2-2608295.jpg

hoteiirogawari2-2608296.jpg

hoteiirogawari2-2608297.jpg

プロフィール

花鳥きのこ好き

Author:花鳥きのこ好き
2012年7月12日(木)に開設しました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
滞在ユーザーカウンター
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる