2017-01-04(Wed)

ミイノモミウラモドキ(Entoloma conferendum)胞子・菌糸など

平成28年11月18日(金) (2016年) 蓬田岳

こん棒形の担子器と胞子。KOHで封入してみた。
miinomomiura2811181koh1.jpg
miinomomiura2811181koh2.jpg

胞子をメルツァー液で染めて、x100対物レンズで観察。
miinomomiura2811181meru101.jpg
miinomomiura2811181meru102.jpg

精水で封入してみた。クランプは見つけられなかった。他の試薬でも同様だった。
miinomomiura2811181mizu.jpg

胞子をメルツァー液で染めてみた。非アミロイドでいいかな。
miinomomiura2811181merutua.jpg
miinomomiura2811181merutua2.jpg

2016-12-31(Sat)

ミイノモミウラモドキ(Entoloma conferendum)

拙ブログにおいでいただいた皆様。
本年はありがとうございました。来年もよろしくお願いします。


平成28年11月18日(金) (2016年) 蓬田岳

軟質きのこはほとんど無かった。唯一これだけだったかも。切株から頭だけ出しているような状態だったが、根元を探ってみると柄は傘と同じかそれ以上あった。
マツの切株だったが腐食して土状になっている所から発生していた。
いろいろ顕微鏡でのぞいてみた。

miinomomiura2811181.jpg

コットンブルーで染めてみた。
miinomomiura2811181buru.jpg

フロシキンで染めてみた。
miinomomiura2811181furo1.jpg

コットンブルーで染めた後にコンゴーレッドを加えてみたら、担子器の内容物がきれいに見えたのでビックリだった。
miinomomiura2811181burured.jpg

2015-10-22(Thu)

ミイノモミウラモドキ?(Entoloma conferendum)

平成27年08月25日 福島県会津

傘に繊維紋がある。柄がねじれている。ひだが離生,やや疎なことからミイノモミウラモドキ?とした。自信がないけど。

miinomomiuraka1-2708251.jpg

miinomomiuraka1-2708252.jpg

miinomomiuraka1-2708253.jpg



2015-01-08(Thu)

ミイノモミウラモドキ

平成26年09月15日 猫魔ヶ岳

一応ミイノモミウラモドキとしたが自信がない。きちんと採取してきて断面なども撮影すべきだった。

miinomomiuramodoki260915P2.jpg

miinomomiuramodoki260915P1.jpg

プロフィール

花鳥きのこ好き

Author:花鳥きのこ好き
2012年7月12日(木)に開設しました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
滞在ユーザーカウンター
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる