2016-07-29(Fri)

アメリカウラベニイロガワリ(Boletus subvelutipes Peck)

平成28年07月14日(木) (2016年)  宇津峰山

この種もほとんど成熟しすぎているものばかりだった。

amerikaurabeniirogai2807141.jpg

amerikaurabeniirogai2807142.jpg


2016-07-21(Thu)

アメリカウラベニイロガワリ(Boletus subvelutipes Peck)

平成28年07月12日(火) (2016年)

ポツポツと発生していたアメリカウラベニイロガワリらしい子実体。色がかなり濃い。
一カ所だけまとまって発生していた。
amerikaurabeniiro4-2807121.jpg

amerikaurabeniiro2-2807122.jpg

amerikaurabeniiro3-2807121.jpg

amerikaurabeniiro3-2807122.jpg

amerikaurabeniiro3-2807128.jpg

amerikaurabeniiro3-2807124.jpg

amerikaurabeniiro3-2807125.jpg

amerikaurabeniiro3-2807126.jpg

amerikaurabeniiro3-28071292.jpg

amerikaurabeniiro3-2807127.jpg

amerikaurabeniiro3-2807129.jpg

2016-07-20(Wed)

アメリカウラベニイロガワリ類似種

平成28年07月12日(火) (2016年)

久しぶりの更新になってしまった。

柄に網目が無いタイプだ。アメリカウラベニイロガワリ類似種としたが、よく分かっていない。
実は、いつも参考にさせてもらっている、Tさんのサイト「牛肝研究所」の「イグチ科きのこの記載」に記載されている「アメリカウラベニイロガワリ類似種」を参考に、見た目だけでアメリカウラベニイロガワリ類似種とした。
いつも見ているアメリカウラベニイロガワリに比べると赤みがかなり足りない。傘の色は黄金色に近い感じだった。
キンチャヤマイグチが頭の中をよぎった。

amerikaurabeniiro1-2807121.jpg

amerikaurabeniiro1-2807122.jpg

amerikaurabeniiro1-2807123.jpg

以下の子実体も柄に網目が無く,傘色は帯黄濃褐色だった。
ameurairogawari2807121.jpg

ameurairogawari2807122.jpg

ameurairogawari2807123.jpg

ameurairogawari2807124.jpg




2013-09-16(Mon)

アメリカウラベニイロガワリ

平成25年9月12日(木)

あまりきのこを見つけられず歩いていたら,見慣れたきのこを発見。
アメリカウラベニイロガワリだ。周辺の樹木を観察すると,広葉樹と10mほど離れた所にカラマツがある。
これは本物のアメリカウラベニイロガワリだろうか。と思ったが,時間がたつほど雨の確率が高い。今にも降り出しそうなので,断面を確認せずに放置。今思えば何で採集してこなかったのだろうと思う。

amerikaurabeniiro2509121P.jpg
2013-08-07(Wed)

アメリカウラベニイロガワリ

平成25年7月26日 牡丹園

まさか牡丹園でこのきのこを見つけると思っていなかったので,いろいろ悩んでしまったが,アメリカウラベニイロガワリでいいようだ。

amerikaurabeniirogawari2507.jpg

amerikaurabeniiroga2507262P.jpg

amerikaurabeniiroga2507263P.jpg

amerikaurabeniiroga2507264P.jpg

amerikaurabeniiroga2507265P.jpg
プロフィール

花鳥きのこ好き

Author:花鳥きのこ好き
2012年7月12日(木)に開設しました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
滞在ユーザーカウンター
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる