2016-04-14(Thu)

顕微鏡撮影アダプター

平成28年4月23日の記事
4月14日の記事をアップ後に「牛肝研究所」のサイトのTさんから改めてアドバイスをいただきましたので、以下に加筆修正した。

4月14日記事のピンク文字部分で少し残念なのは、かなり蹴られて拡大画像で撮影されることだろう。と記載したのは,私の認識不足だった。カメラもビクセンのアダプターも問題ないと思われる。←歯切れが悪いのはまだ試していないため。実はアダプターには写真撮影用レンズをセットするべきところ、私は×10接眼レンズをセットしていた。というかそれが三眼鏡に付いていた。そのため拡大率が高すぎて蹴られ現象と同じことが起きていたことが分かった。

「気分はき・の・こ」のサイトのnivalisさんからも「使用されているカメラ機種が載っているともっと親切かな?とは思いました」とのアドバイスをいただきましたので、使用カメラについて以下に加筆した。

ビクセンのアダプターはTリングを介してカメラと接続する。今回購入したTリングはマイクロフォーサーズ用で、カメラはパナソニック製の「LUMIX DMC-GX7」というミラーレス一眼カメラを使用している。
このカメラの特徴の一つにメカニカルシャッターと電子シャッターを装備しているので、電子シャッターで撮影するとシャッターブレが全く発生しないのが利点だ。
一方で液晶モニターはチルト式のため下向きは45度までしか開かない。このため鏡筒にカメラをセットした状態では、どうしても立ち上がって液晶を確認することになる。「LUMIX DMC-GX7」の後継機として平成15年8月に「LUMIX DMC-GX8」が発売され、この液晶モニターはフリーアングルなので、顕微鏡観察時に椅子に座ったまま液晶モニターを確認できるのが良いところだ。しかし、このカメラは値段がとても高い!!! GX8の後継機が出たら中古で購入しようかなと思っている。

平成28年4月14日作成記事
1年半ほど前から顕微鏡を使える環境になり、胞子などを観察してカメラで撮影をしていた。接眼レンズにカメラのレンズを押しつけて撮影していたが、手ぶれなどいろいろ問題があり悩んでいたところ、「牛肝研究所」のサイトのTさんから、カメラと顕微鏡を接続するアダプターがあるとアドバイスをいただいた。
ネットで検索すると、レイマー顕微鏡一眼レフカメラアダプタSA20とビクセン (MF)Tアダプターがヒットした。
レイマーの製品は37,500円で、ビクセンの製品は6,663円だった。仕組みに大きな違いがあるのだが、価格の安いビクセンを選択しAmazonかヨドバシカメラで購入した。

購入前はカメラレンズを押しつけて撮影していたため、ある日、気がついたらレンズフィルターに遠心状の擦り傷がつき、ひどい状態になっていた。撮影した画像も手ぶれのため何度も撮影し直す結果になっていた。
ビクセンの製品サイトを見ると、他社の顕微鏡と接続できるとは記載されていないが、鏡筒の内径23.2mmの鏡筒を有する顕微鏡に接続可能のようなので、思い切って購入してみた。少し残念なのは、かなり蹴られて拡大画像で撮影されることだろう。今振り返ると、少し価格が高いけどレイマーの製品を購入したらもっと満足できたかも知れないと少し後悔している。
しかし、アダプターを使い接続したら,画像の手ぶれがなくなり快適に撮影できるようになった。

ビクセン(MF)Tアダプターとカメラ側に取り付けるTリングをセットで使用する。

左;ビクセン(MF)Tアダプターと右;Tリング(マイクロフォーサーズ用)
アダプター1  Tリング1

ビクセン(MF)Tアダプターは上(黒色)と下(シルバー色)に分割される。
下図の左画像は下(シルバー色)部分に顕微鏡鏡筒の接眼レンズを抜き取りセットしたところ。同右画像は上(黒色)部分とTリングをセットしたところ。
アダプター+接眼レンズ1

上記画像を顕微鏡の鏡筒にセットした画像で、一番上のTリングにマイクロフォーサーズカメラ(レンズを外した状態)をセットする。
アダプターセット2

下記画像はアダプター購入前に接眼レンズにカメラのレンズを押し当てて撮影した画像
アダプター無し画像1   

アダプター無し画像2

下記2枚の画像は掲載した胞子などは同一のものではないが、アダプターを使い撮影した画像。
カメラはLUMIX GX7を使用し、シャッターを電子シャッターで撮影。メカシャッターでない(いわゆるコンデジと同方式)ので、シャッターブレは一切起こさない。
アダプターセット画像1

アダプターセット画像2

なお、最後にお願いです。購入に当たっては自己責任でお願いします。



プロフィール

花鳥きのこ好き

Author:花鳥きのこ好き
2012年7月12日(木)に開設しました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
滞在ユーザーカウンター
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる