2016-08-12(Fri)

オニイグチモドキ(Strobilomyces confusus)

平成28年07月23日(土) (2016年) 菌懇会合宿

この子実体は傘の鱗片が棘状になっているのがハッキリ分かる。
このぐらいハッキリしていると,私でもオニイグチモドキと同定できそうだ。

oniigutimodoki1-i2807231-1.jpg


2016-08-06(Sat)

オニイグチモドキ(Strobilomyces confusus)

平成28年07月19日(月) (2016年)  空港公園

傘の鱗片が永続性刺状粗鱗片のようなのでオニイグチモドキとしたが,これが刺状粗鱗片と言えるか微妙な気がする。
少し自信がない。と昨年の記事に書いたが、課題がいまだに解消していない。

oniigutimodoki2807191.jpg

oniigutimodoki2807192.jpg

2015-09-08(Tue)

オニイグチモドキ(Strobilomyces confusus)

平成27年08月03日 白河市

傘の鱗片が永続性刺状粗鱗片のようなのでオニイグチモドキとしたが,これが刺状粗鱗片と言えるか微妙な気がする。
少し自信がない。

oniigutimodoki1-2708031.jpg

oniigutimodoki1-2708032.jpg





2013-08-15(Thu)

オニイグチモドキ

平成25年7月26日 牡丹園

牡丹園ではオニイグチモドキは単生して,見かける本数も2~3本前後だ。7月16日も1本だけの発生だった。

oniiguti2507261P.jpg

2013-07-23(Tue)

オニイグチモドキ

平成25年7月16日 牡丹園

傘の付着物がイボ状なのでオニイグチモドキだ。オニイグチはカサブタ状になっている。
oniiguti2507161P.jpg

上から撮影すると土と同じ色で全く分かりにくくなってしまった。
oniiguti2507162P.jpg

oniiguti2507163P.jpg

oniiguti2507164P.jpg

切断面はすぐに赤変するが,のちに真っ黒くなる。黒くなった状態を撮影し損なった。
oniiguti2507165P.jpg




プロフィール

花鳥きのこ好き

Author:花鳥きのこ好き
2012年7月12日(木)に開設しました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
滞在ユーザーカウンター
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる