2016-06-24(Fri)

オオツルタケ(Amanita cheelii)

平成28年6月15日(水) (2016年) 

出発時の天気予報は晴れ時々曇りだったが、自宅を出るときから小雨模様だった。現地ではそこそこ発生しているようだったが、小雨が止まず1時間ほどで撤退してきた。

この子実体もかなり成熟していた。

ooturutake2806151.jpg

ooturutake2806152.jpg

つぼはくびれていた。
ooturutake2806153.jpg

ひだが微かに縁取りされている。
ooturutake2806154.jpg


2014-07-08(Tue)

オオツルタケ

平成26年7月02日 宇津峰山

山頂にテングタケみたいなきのこが出ていたと,パートナーから聞いた。
二日後くらいに行ってみたら,成熟しきって傘が反り返ったテングタケ科のきのこが出ていた。
取りあえず写真撮影をしながら観察してみると,オオツルタケのようだ。しかしあまりにも大きい。チョウオオツルタケと名前を付けたいほどの大きさだと思う。とは言え,傘の色が黄土色-カバ色なのが気になるなぁ。

柄の長さだけで30㎝近くあった。
ooturutake1-2607021.jpg

ooturutake1-2607023.jpg

ooturutake1-2607024.jpg

ひだが縁取られている。
ooturutake1-2607026.jpg

そばに幼菌が発生していた。登山者に蹴飛ばされないように,無事に育って欲しいな。
ooturutake2-2607023.jpg





2012-10-08(Mon)

オオツルタケ?

平成24年9月12日 逢瀬公園

オオツルタケだろうか。たくさんきのこの写真を撮影し,疲れてしまって「もういいかなぁ」と思ってしまった。テングタケ科がたくさん発生していたので,このきのこは最後にしていた。
結局,柄基部,内部,ひだ,肉などの確認をしないで撮影は終わり。
帰宅後に画像をよく観察してみると,傘中央が凹んでいる。「オオツルタケって傘は浅く窪んだ水平に開くんだっけ」と思っても後の祭りだよなぁ。
図鑑を見ても凹むとの記述が無い。自分が凹んでしまった。
ooturutake2409121LX.jpg ooturutake2409122LX.jpg ooturutake2409122.jpg

オオツルタケはひだ縁に縁どりがあると記述されている。ひだのアップを見るとそれらしく見えるが,陰とも見える。どっちなんだろう。
ooturutake2409124.jpg




プロフィール

花鳥きのこ好き

Author:花鳥きのこ好き
2012年7月12日(木)に開設しました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
滞在ユーザーカウンター
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる