2017-12-16(Sat)

ニガイグチ属?

平成29年08月29日(火)(2017年) 郡山市

ニガイグチ属だろう。ひょっとするとアンモニアを近づけただけで変色するイグチではと思っている。
特徴的なのは、傘表皮や柄表皮をこすると濃黒褐色に変色することだ。

anmonigaigutika1-290829-1.jpg

anmonigaigutika2-290829-1.jpg

anmonigaigutika2-290829-2.jpg

anmonigaigutika2-290829-3.jpg

anmonigaigutika2-290829-4.jpg

anmonigaigutika2-290829-5.jpg

anmonigaigutika2-290829-6.jpg

anmonigaigutika1-290829-22.jpg

anmonigaigutika1-290829-2.jpg

anmonigaigutika1-290829-3.jpg

anmonigaigutika1-290829-4.jpg

anmonigaigutika1-290829-5.jpg

2017-11-13(Mon)

イグチの仲間

平成29年08月11日(金)(2017年) 朝日山

全然見当が付かない。無理矢理候補を挙げるとオニイグチの仲間かキクバナイグチ、クロアザアワタケが浮かぶが、どれも特徴がぴったりと合わない。
オニイグチの仲間は切断すると肉が赤色から黒色化する。赤色は一致するが管孔が青変しているのが気になる。
キクバナイグチもクロアザアワタケモも赤色化しない。

iguti1-290811-1.jpg

iguti1-290811-2.jpg

iguti1-290811-3.jpg

iguti1-290811-4.jpg

iguti1-290811-5.jpg

2017-11-09(Thu)

ニガイグチ属(2)

平成29年08月11日(金)(2017年) 朝日山

追記;新たに画像を追加したので再掲。
こちらもニガイグチ属だ。明るい紫色が印象的できれいなきのこだったが、このニガイグチも種名が無いらしい。

nigaigutizoku290811-1.jpg

nigaigutizoku290811-2.jpg

nigaigutizoku290811-3.jpg

以下の画像を追加した。
nigaigutizoku290811-4.jpg

nigaigutizoku290811-5.jpg

nigaigutizoku290811-6.jpg

孔口が小さい
nigaigutizoku290811-7.jpg


2017-11-09(Thu)

ニガイグチ属(1)

平成29年08月11日(金)(2017年) 朝日山

追記;新たに画像を追加したので再掲。
ちょっと遠出をしてみた。いろいろなきのこがあったがほとんど種名が分からず。勉強不足を痛感。

このきのこは和名も学名も付いていないらしい。
雨に濡れて傘がヌルヌルを超えて、デロデロ状態だった。イグチの仲間は大概そうなるらしい。

anmonigaiguti290811-1.jpg

以下の画像とコメントを追加した。
anmonigaiguti290811-2.jpg

画の頂部に明確な編み目がある。
anmonigaiguti290811-3.jpg


下方になるほど不明瞭だがよく見ると網目がある
anmonigaiguti290811-4.jpg

孔口を摩ったり圧迫すると
褐色変する。
anmonigaiguti290811-5.jpg




2017-09-14(Thu)

不明イグチ(3) ニガイグチ属かな

きのこ(3-4)

平成29年08月01日(火)(2017年)

引き続き不明イグチ。さっぱり分からない。見当もつかないなぁ。誰かがこの記事を見ても、これだけ切り刻んでいてはさすがに分かり難いだろうなぁ。何で全体を撮っておかなかったのか不明。

fumeiiguti4-290801-1.jpg

fumeiiguti4-290801-2.jpg

プロフィール

花鳥きのこ好き

Author:花鳥きのこ好き
2012年7月12日(木)に開設しました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
滞在ユーザーカウンター
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる