2016-09-29(Thu)

チチアワタケ(Suillus granulatus (L.) Roussel)

平成28年09月01日(木) (2016年) 牡丹園

一年ぶりのご対面だったかも。どこかの観察会で採集されたものを見てるかな。
画像の傘色は少し赤みが強く写ってしまった。どうしてだろう。

titiawatake1-2809011.jpg

titiawatake1-2809012.jpg

2016-07-04(Mon)

チチアワタケ()

平成28年6月29日(水) (2016年) 牡丹園

幼菌からは大量の水滴が出ていた。
titiawatake2806293.jpg

titiawatake2806294.jpg

titiawatake2806291.jpg

titiawatake2806292.jpg
2014-12-28(Sun)

チチアワタケ

平成26年09月10日 棚倉

この周辺のきのこはどの種も柄が長いのが多いような気がした。
このチチアワタケも柄が長い。エナガノチチタケと名前を付けたいくらいだ。(笑)

titiawatake2609101.jpg

titiawatake2609102.jpg

titiawatake2609103.jpg

2014-12-15(Mon)

チチアワタケ

平成26年09月04日 南湖公園

チチアワタケがこのように束生気味に発生しているのを初めて見た。

titiawatake2609042.jpg

titiawatake2609041.jpg

2013-10-19(Sat)

チチアワタケ

平成25年9月25日 牡丹園
イグチ科(新ヌメリイグチ科) ヌメリイグチ属

自分はチチアワタケとヌメリイグチとの判別に迷うことが多い。ヌメリイグチの成熟した子実体には,膜質つばがないことが多いからだ。チチアワタケは柄の下方が細まるので,判断材料にしている。

titiawatake1-2509251.jpg
プロフィール

花鳥きのこ好き

Author:花鳥きのこ好き
2012年7月12日(木)に開設しました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
滞在ユーザーカウンター
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる