2013-10-31(Thu)

カニノツメ

平成25年10月12日 つくば植物園
アカカゴタケ科カニノツメ属

つくば植物園のきのこ観察会時にたくさん発生していたが,自分は見つけることができなかった。
ちなみにつくば植物園は普段はきのこ採取禁止だ。

kaninotume1-2510121.jpg

kaninotume1-2510123.jpg

kaninotume1-2510122.jpg

kaninotume1-2510124.jpg

kaninotume1-2510125.jpg



2013-10-31(Thu)

フクロツルタケ(広義)

平成25年10月12日 つくば植物園

昨年の観察会でも1本だけ見たが,今年は1カ所に数本発生していた。

フクロツルタケはシロウロコツルタケとアクイロウロコツルタケの2種に分類されているそうだ。
詳細はこちらの記事による←リンク。

fukuroturutake1-2510121.jpg

fukuroturutake1-2510122.jpg

発生したばかりのフクロツルタケは初めて見た。笠が平滑で白いだけなので,この幼菌だけ見たらフクロツルタケと思えないかも。
fukuroturutake1-2510123.jpg
2013-10-31(Thu)

エリマキツチグリ(幼菌)

平成25年10月12日 つくば植物園

つくば植物園できのこ観察会に参加した。参加者は決められた範囲のきのこを採取し,採取場所(位置)を資料に書き込む。かなり厳密な調査に参加した感があり,楽しかった。あいにくきのこはあまり発生していなかったが,いろいろ勉強になった。

エリマキツチグリの類の幼菌は,図鑑では形が分かるが,実際に目にしていないと実に悩む。例えば幼菌の先端が尖るとか,尖った口の周りに円座があるとか,種類により記述が違うが,実物を見たことがないと,その程度が分からなく悩んでしまう。今回エリマキツチグリの幼菌は凄く参考になった。

erimakitutiguri1-2510121.jpg
2013-10-31(Thu)

アイバシロハツ

平成25年10月12日 つくば植物園

笠は初め白色で成熟するにつれ,黄土色のシミを発生し,全体が黄土褐色化する。
ひだは離生状垂生でやや密。ひだ縁にはっきりと淡青色が現れる。斜めから見るとひだ全体が淡青色に見える。
柄は太短く下方に向かい細い。

類似種にシロハツモドキとアイバシロハツがある。
シロハツモドキのひだは極めて密で,3枚目の画像のように,ひだの隙間が見えるようにならない。
シロハツ←(リンク先)はひだや柄が淡青色を現すことがあるが,ひだ全体が淡青色に見えることは無い。ただ,アイバシロハツは成熟するにしたがい,退色するので,肉眼での見分けが困難になるかも。

aibasirohatu1-2510121.jpg

aibasirohatu1-2510122.jpg

2013-10-30(Wed)

チャツムタケ

平成25年10月10日 宇津峰山
フウセンタケ科チャツムタケ属

このきのこも二日前は新鮮な子実体が至る所の腐木上に発生していた。しかし,今日はかなり成熟しきったものがあるだけだ。

tyatumutake1-2510101.jpg
2013-10-30(Wed)

クサウラベニタケの仲間?

ウラベニホテイシメジ
平成25年10月10日 宇津峰山
イッポンシメジ科 イッポンシメジ属

二日前はあちらこちらで発生していたが,今日にはこの子実体以外に目にしなかった。誰かに採られたのだろうかとも思ったが,大量に発生していたクサウラベニタケもほとんど見かけないので,消えてしまったのかも。

urabenihoteisimeji1-2510101.jpg

urabenihoteisimeji1-2510102.jpg



2013-10-30(Wed)

ミネシメジ

平成25年10月10日 宇津峰山
キシメジ科キシメジ属

発生場所;コナラ類広葉林樹下に発生。(針葉樹,広葉樹林下に発生)
笠5㎝前後(3-7cm)。淡黄色で中央暗オリーブ色。煤色の微細鱗片を放射状に密布(微細鱗片-軟毛)。摩擦すると朱色を帯びる(朱色-ピンク)
柄は逆こん棒形で末端細まる。中実。表面は笠に準じる。
ひだは白色→帯オリーブ白色。湾生。やや疎。(傷口は朱色に変色)
肉;ほぼ白色。成熟した子実体の表皮下は表面色(表皮下は表面色) (傷口はひだに準じる。石けん様臭あり)

minesimeji1-2510101.jpg

minesimeji1-2510102.jpg

minesimeji1-2510103.jpg

minesimeji1-2510104.jpg

minesimeji1-2510105.jpg

minesimeji1-2510106.jpg

以下の画像は幼菌。
minesimeji2-2510101.jpg

minesimeji2-2510102.jpg

minesimeji2-2510103.jpg

minesimeji2-2510104.jpg


2013-10-30(Wed)

チチタケ属

平成25年10月10日 宇津峰山

透明のさらさらとした乳液を出す。変色性無し。ひだは黄色みがある。
取りあえずチチタケ属に入れておこう。

tititakezoku1-2510101.jpg

tititakezoku1-2510102.jpg

tititakezoku1-2510103.jpg

tititakezoku1-2510104.jpg

tititakezoku1-2510105.jpg









2013-10-30(Wed)

サンコタケ

平成25年10月10日 宇津峰山

今年はサンコタケをよく見る。このサンコタケは色がずいぶんと黄色みが強いな。今まで見た中では一番黄色っぽい。

sankotake1-2510101.jpg
2013-10-30(Wed)

コウタケ

平成25年10月10日 宇津峰山
イボタケ科 コウタケ属

コウタケ類似種にシシタケがあるらしい。ししたけの笠は鱗片が煉瓦状。シシタケのように中央部が深く窪まないことで区別するらしい。別の図鑑によると,コウタケは柄の基部近くまで深く窪む。シシタケは浅杯状となる。との記述がある。
この子実体は柄基部まで窪んではいないが,浅杯状では無いので,コウタケとした。

koutake1-2510101.jpg

koutake1-2510102.jpg

黒バック画像は黄色みが強く出てしまった。特に下記画像は黄色みが強く出てしまった。何度も書いているが,カメラが黄色みを強く出してしまう。とはいえ,この子実体の針状子実層托は黄色みがあった。
koutake1-2510103.jpg

koutake1-2510104.jpg

koutake1-2510105.jpg

koutake2-2510101.jpg

koutake2-2510102.jpg

koutake2-2510103.jpg

koutake2-2510104.jpg

koutake2-2510105.jpg






プロフィール

花鳥きのこ好き

Author:花鳥きのこ好き
2012年7月12日(木)に開設しました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
滞在ユーザーカウンター
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる