2014-09-30(Tue)

ウコンハツ

平成26年08月29日 宇津峰山

忙しい日が続き久しぶりの更新となった。
この日は大量発生ではないが種々のきのこが発生していた。種類が多いのは嬉しい。

ukonhatu1-2608291.jpg

ukonhatu1-2608292.jpg

ukonhatu1-2608293.jpg

ukonhatu1-2608294.jpg

ukonhatu1-2608295.jpg

ukonhatu1-2608296.jpg
2014-09-26(Fri)

ウスキテングタケに似ているが・・・?

平成26年08月28日 宇津峰山

パートナーが採取してきた。テングタケ科と思われるが,種名が全く不明だ。北陸のきのこ図鑑にツチイロオオツルタケ(仮)が掲載されているが,傘色が黄金色だ。また,つぼがさや状では無い。ことから違うな。
傘周辺に微かに短い条線があるようにも見え,ウスキテングタケにも似ているが,はたして当地に発生するのか疑問。また,傘に薄い膜質の白色のつぼの名残が散在する。とのこと。消失しやすいとのことだが,まだ幼菌らしきこの子実体に,観察されないのが疑問。
結局分からん。
ひょっとしてコタマゴテングタケかな。傘につぼの破片がないけど。そんな気がしてきた。

tengutakeka1-2608281.jpg

tengutakeka1-2608282.jpg

tengutakeka1-2608283.jpg

tengutakeka1-2608284.jpg

tengutakeka1-2608285.jpg

tengutakeka1-2608286.jpg

tengutakeka1-2608287.jpg
2014-09-25(Thu)

ニガクリタケ?

平成26年08月28日 牡丹園

撮影しているときは埋もれ木から発生したニガクリタケだろうと思った。
帰宅後に画像を確認すると,傘が繊維質のように見える。「あれ?ニガクリタケってこんな傘だったかな」と疑問を感じたとたんに,分からなくなってしまった。普段からよく観察していないからだなぁと,またまた反省だ。
多分ニガクリタケでいいだろうと思うのだが,自信がないよ~。

図鑑と照らし合わせてみると
ひだは直生(北陸のきのこ図鑑) 上生-湾生(新菌類図鑑),柄は中空(両図鑑)などほぼ合っている。

fumei1-2608284.jpg

fumei1-2608281.jpg

fumei1-2608282.jpg

fumei1-2608283.jpg

fumei1-2608285.jpg

fumei1-2608286.jpg

fumei1-2608287.jpg
2014-09-24(Wed)

シロソウメンタケ?

平成26年08月28日 牡丹園

シロソウメンタケのすぐ脇に発生していた。
これもシロソウメンタケだろうか。それにしては太いし,先端からなにやら針状のものが伸びている。
シロナギナタタケと言いたいところだが,そんな種名は図鑑やネットには載っていないようだ。

sirosoumentake1-2608283.jpg

sirosoumentake1-2608284.jpg
2014-09-24(Wed)

シロソウメンタケ

平成26年08月28日 牡丹園

sirosoumentake1-2608281.jpg

sirosoumentake1-2608282.jpg


2014-09-22(Mon)

クロチチダマシ

平成26年08月28日 牡丹園

乳液が白色から紅変しないこと。ひだが疎であることからクロチチダマシだ。また,ひだが互いに脈で連絡するとのことだ。拡大して見ると脈で連絡している。

kurotitidamasi1-2608281.jpg

kurotitidamasi1-2608282.jpg
kurotitidamasi1-2608283.jpg

kurotitidamasi1-2608284.jpg

kurotitidamasi1-2608285.jpg

2014-09-22(Mon)

キッコウアワタケかなぁ?

平成26年08月28日 牡丹園

傘のひび割れがない以外はキッコウアワタケに特徴が似ているような気がする。
しかしなぁ,傘がひび割れていないどころか,凹凸模様になっているのがすごく気になる。

kikkouawatakeka1-2608281.jpg

kikkouawatakeka1-2608282.jpg

kikkouawatakeka1-2608283.jpg

kikkouawatakeka2-2608281.jpg

kikkouawatakeka2-2608282.jpg

kikkouawatakeka2-2608283.jpg

kikkouawatakeka2-2608283-2.jpg

kikkouawatakeka2-2608284.jpg

kikkouawatakeka2-2608285.jpg
2014-09-21(Sun)

ヒポミケス菌

平成26年08月28日 牡丹園

群生しているカッパツルタケの半分近くはヒポミケス菌に冒されていた。って,難しいことを知っているが,実はネットの掲示板で教えていただいた。

hipomikesukin1-2608282.jpg

hipomikesukin1-2608281.jpg

2014-09-21(Sun)

カッパツルタケ

平成26年08月28日 牡丹園

群生していた。
kappaturutake1-2608281.jpg

kappaturutake1-2608282.jpg

kappaturutake1-2608284.jpg

kappaturutake1-2608285.jpg

kappaturutake1-2608283.jpg

2014-09-17(Wed)

オキナクサハツ?

平成26年08月28日 牡丹園

見たときにクサハツと思い撮影した。採取せず発生している姿だけの撮影で終わらせてしまった。後悔している。
帰宅後に画像をよく見たら,柄の部分がクサハツではない。
どちらかというと,オキナクサハツのような粒点がある。

採取してよく観察すれば良かった。いつも反省ばかりだ。

okinakasahatu1-2608281.jpg

okinakasahatu1-2608282.jpg

okinakasahatu1-2608283.jpg

okinakasahatu1-2608284.jpg

okinakasahatu1-2608286.jpg

okinakasahatu1-2608282-2.jpg

プロフィール

花鳥きのこ好き

Author:花鳥きのこ好き
2012年7月12日(木)に開設しました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
滞在ユーザーカウンター
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる