2015-06-26(Fri)

ベニタケ属(コクサハツ?)

平成27年06月10日 鶴田沼

洋書図鑑も調べてみたが,白いベニタケ属でこのような形態の白い子実体は,イラストあるいは写真が,洋書の1冊にしか掲載されていない。
コクサハツと思うがこんなに白色で良いのだろうかと自信を持てない。
全体が白色ではあるが傘と柄にわずかに黄色味がある。北陸のきのこ図鑑と原色日本新菌類図鑑によると,傘は傷つくと褐色変あるいは黄変と記述あり。撮影した子実体を見ると傘中心付近の傷跡が褐色変している。
また,傘色などは白色→クリーム色→汚黄色~汚黄土色とのこと。この子実体を撮影しなかったが,老成した子実体は黄土色になっていた。
柄は中実→中空,肉は白色で断面は白色→淡黄色変→徐々に褐色変と記述あり。撮影した子実体は中空からやや髄状になりかけているように見える。また,切断面が淡黄色に変化しつつあるように見える。
以上のことからコクサハツであろうと思うが,かなり自信がない。
北陸のきのこ図鑑と原色日本新菌類図鑑によると,類似種にイロガワリシロハツがあり,肉眼的形態はそっくりのようで,胞子の違いのようだ。

kokusahatu1-2706101.jpg

kokusahatu1-2706102.jpg

kokusahatu1-2706102-2.jpg


kokusahatu1-2706103.jpg

kokusahatu1-2706104.jpg

kokusahatu1-2706105.jpg

kokusahatu1-2706106.jpg

kokusahatu2-2706101.jpg



2015-06-23(Tue)

Melanoleuca alboflavidaかな?

平成27年06月13日 北塩原村 米沢街道

米沢街道脇の地上に発生していた。
最初の印象はナラタケかと思ったが,つばがないので違う→ひだが垂生のように見えることとやや杯状になっていることからカヤタケ属かと考えた。帰宅後に図鑑で確認するとカヤタケ属に近いかと思ったのだが,変異の範囲内としても柄が長すぎること,ひだが直生-湾生に見えることから,カヤタケ属ではなさそうと思い,胞子を顕微鏡観察してみたら,胞子の表面に黒い粒点(いぼ状突起?)が見えたので,カヤタケ属では無いことが分かった。
それで再度「原色日本新菌類図鑑」と「北陸のきのこ図鑑」を調べても分からないので,洋書のきのこ図鑑を調べてみたところ,Roger Phillipsの「Mushrooms and Other Fungi of North America」に形態が似ているきのこを見つけた。それによるとMelanoleuca alboflavidaと学名が付いていた。改めて日本の図鑑で「ザラミノシメジ属」を調べてみたが掲載されていない。

採取したきのこの肉眼的形態は以下のとおり。

発生環境はスギ,ナラ属(コナラ?)とブナの混生林地上。散生-束生。周辺に5-7カ所発生(群生とまで言えず)
傘は湿時極弱粘性。微細な鱗片があるような感触あり。中丘があり色がより濃色。傘色は初め帯黄黄土色→黄土色。表皮を擦ると淡褐色変。
柄は傘より淡色。明瞭な条線あり。擦ると淡褐色変。つば無し。基部は小球根状で白色菌糸?見られる。中実。繊維状でしっかりしている(特に表皮はしっかりしている)
ひだは初め帯淡黄白色→淡黄土色。直生-湾生。密。
肉はやや硬い。臭いはかなり強く,煮干し臭と腐敗臭を合わせた臭いがする。
胞子紋は白色。

次にRoger Phillipsの「Mushrooms and Other Fungi of North Americaに掲載されているMelanoleuca alboflavidaの和訳を載せる。

傘径3-10cm,広い丸山形からほとんど平らになる。しばしば杯型となり中央に中丘をもつ。
傘の周辺は最初は内に巻く(内屈)
傘色は帯黄茶色→クリーム色-帯白色。中丘は濃色のまま残る。
傘表面は乾性→湿性?
ひだ
縁は波状(ひだが波状なのか不明)。密。幅狭い。帯白色。

3-10cm x 4-10mm。細長く基部に小さな膨らみがある。帯白色。
軟骨質。微細なヘアライン様の条線あり。

白色。しっかりしている。
マツと落葉樹の混生林地上に発生。

採取した子実体とMushrooms and Other Fungi of North Americaに掲載されているMelanoleuca alboflavidaは記載事項とほとんど合致している。ただ,ひだが「狭い」と記されているところが採取した子実体と違うのが気になる。図鑑に子実体の断面が無いのでよく分からないのが残念だ。

Melano alboflavida1-2706131

Melano alboflavida1-2706132

Melano alboflavida1-2706133

Melano alboflavida1-2706134

Melano-alboflavida3-2706131.jpg

Melanoleuca-flavida2-2706133.jpg

Melanoleuca2-2706135-1.jpg

Melanoleuca2-2706134-1.jpg

Melanoleuca-vida2-2706137.jpg

Melanoleuca-housi1-2706132.jpg

2015-06-19(Fri)

ツルタケダマシ(Amanita spreta)

平成27年06月10日 鶴田沼

クリなどの広葉樹下に発生していた。最初に見たものはかなり乾燥し干からびかけていて,周りに2~3本ほど発生していたが,少し移動したらところには,10本前後まとまるように発生していた。

最初に見たものは,ひだを見るとピンクがかって見えたので,タマゴテングタケモドキかと思った。しかし,淡い肉色に見えるが,子実体を切断してみるとひだの傘に近い部分はほぼ白色だった。
細かく観察してみると柄の基部やつぼの形が,ツルタケダマシの形態に似ている。また,つぼの内面がピンクがかっていないことからツルタケダマシとした。

turutakedamasi1-2706101.jpg

turutakedamasi1-2706103.jpg

turutakedamasi1-2706105.jpg

turutakedamasi1-2706106.jpg

turutakedamasi1-2706107.jpg

turutakedamasi1-2706108.jpg

turutakedamasi2-2706101.jpg

別の子実体
turutakedamasi3-2706101.jpg

turutakedamasi3-2706102.jpg

さらに別の子実体(幼菌)
turutakedamasi3-2706103.jpg

つぼの内側が白い
turutakedamasi3-2706104.jpg

さらに別の子実体
turutakedamasi3-2706105.jpg
2015-06-18(Thu)

トビゲウツボホコリかな

平成27年06月10日 鶴田沼

周辺に同じものが数カ所発生していた。図鑑やネットで確認したのだがやや自信がないなぁ。

tobigeutubohokori2706101.jpg

tobigeutubohokori2706103.jpg

tobigeutubohokori2706102.jpg

2015-06-17(Wed)

キクラゲ

平成27年06月10日 鶴田沼

大きなサイズのキクラゲがあった。幅が12㎝余りあった。

kikurage-2706101.jpg

kikurage-2706103.jpg

kikurage-2706102.jpg



2015-06-15(Mon)

シロキクラゲ

平成27年06月10日 鶴田沼

ご指摘をいただきハナビラニカワタケ→シロキクラゲに訂正しました。

ほとんどきのこが出ていなくて意気消沈していたときに,やっと見つけたハナビラニカワタケ。思わず駆け寄ってしまった。
手で触ったらぬるりとした感触が何とも奇妙な感じだった。

hanabiranikawatake-2706101.jpg

hanabiranikawatake-2706102.jpg

hanabiranikawatake-2706103.jpg


プロフィール

花鳥きのこ好き

Author:花鳥きのこ好き
2012年7月12日(木)に開設しました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
滞在ユーザーカウンター
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる