2016-04-30(Sat)

テンガイカブリタケ(Verpa digitaliformis)

平成28年04月23日-24日 (2016年)

4月23日にパートナーが見つけて場所を教えてくれた。翌日に自分が行って撮影してきた。
レンズとアングルで同じ子実体でも随分雰囲気が違うように撮れると改めて実感した。

以下2枚はパートナー撮影
tengaikaburitake2804231.jpg

tengaikaburitake2804232.jpg

下1枚は自分が撮影。
tengaikaburitake2804241.jpg


2016-04-30(Sat)

ハカワラタケ(Trichaptum biforme)

平成28年04月20日 (2016年)  塙町

きのこはほとんど何も出ていない場所だった。遊歩道はぬかるみが多いのに周辺は乾燥していた。

傘は灰褐色、長毛と環紋あり、裏面は針状になっていた。「続 北海道のキノコ 五十嵐恒夫著」によく似た写真が掲載されていた。

hakawaratake2104201.jpg

hakawaratake2104202.jpg

hakawaratake2104203.jpg

2016-04-29(Fri)

ナヨタケ属

平成28年04月20日 (2016年)

コナヨタケと思うが自信がない。この仲間にはイタチタケ、ムササビタケ,大ナヨタケ、ナヨタケなどの種類があり、図鑑の記述はみな同じに見えてしまう。
この子実体はナヨタケ属としておくのが妥当だろうなぁ。

fumeisyu1-2104201.jpg

fumeisyu1-2104202.jpg

fumeisyu1-2104203.jpg

胞子を撮影したところ縁シスチジアも写っていた。縁かな側かな。
fumeisyuhousi1-2104201.jpg

fumeisyuhousi1-2104202.jpg

2016-04-25(Mon)

アミガサタケ

平成28年04月20日 (2016年)

アミガサタケと思って撮影し採取してきた。帰宅後に「原色日本新菌類図鑑」で確認すると、アミガサタケが掲載されていない。ちょっと焦った。「あれ??・・・?アミガサタケという種はないのか。?」念のため他の図鑑(山渓日本のきのこ、北陸のきのこ図鑑)などを確認したら掲載されていた。ちょっと意外な感じだった。
かなり成熟して傷みが出ていたので、標本として残さなかった。

amigasatake2104201.jpg

amigasatakeasahousi2104202.jpg

amigasatakehousi2104203.jpg

amigasatakehousi2104204.jpg

amigasatakehousi2104205.jpg

amigasatakehousi2104206.jpg


2016-04-25(Mon)

テンガイカブリタケ

平成28年04月16日、17日 (2016年)

4月16日に妻がテンガイカブリタケと思われるきのこを採取してきた。一目でテンガイカブリタケと思ったのだが、図鑑の記述では傘は平滑と記されている。この子実体の傘はハッキリと網目がある。
翌17日に現地に行って数本を採取して確認してみたところ、未成熟の子実体には傘に網目は無いが、成熟したと思われる子実体には明確な網目が見られた。またその中間の子実体には、傘の一部に網目を表していた。
「きのこおしゃべりボード」の掲示板で、図鑑では平滑と記されているが、成熟すると網目を表すらしいとのご意見をいただけた。

4月16日に妻が採取してきた子実体。傘の網目が顕著。
tengaikaburitake1-2804161.jpg

tengaikaburitake1-2804162.jpg

tengaikaburitake1-2804163.jpg

4月17日に採取した子実体と胞子など。
tengaikaburitake1-2804171.jpg

tengaikaburitake1-2804172.jpg

tengaikaburitake1-2804175.jpg

tengaikaburitake1-2804173.jpg

tengaikaburitake1-2804174.jpg

傘表面の網目を拡大撮影。なんだか分からん画像になってしまった。穴があいているように写った。顕微鏡で観察すべきだったな。
tengaikabhousi1-2804171.jpg

以下は子嚢胞子など。
tengaikabhousi1-2804172.jpg

フロキシンで染めてみた。
tengaikabhousi1-2804173.jpg

tengaikabhousi1-2804174.jpg

クランプも見えた。
tengaikabhousi1-2804175.jpg

2016-04-23(Sat)

オオズキンカブリタケ

平成28年04月11日 (2016年)

4月5日に一度様子見に行ったが、やはりまだ早かった。昨年は12日に行ってたくさん発生していたので、今年は暖かい日が続いたことからすでに発生が終了していないか心配だった。しかし、数本発生したばかりのがあるだけだったので、暖かさよりは湿度(雨など)の影響のほうが大きいのだろうと改めて思った。

草の中の子実体撮影はどうしても緑色被りが大きくなる。撮影前のホワイトバランス調整が課題だな。
oozukinkaburi1-2804111.jpg

oozukinkaburi1-2804112.jpg

oozukinkaburi1-2804113.jpg

oozukinkaburi2-2804111.jpg

oozukinkaburi2-2804113.jpg

胞子なども撮影してみた。
子嚢の中に胞子が二つあるのを確認できた。
oozukinkahousi1-2804111.jpg

oozukinkahousi1-2804112.jpg

oozukinkahousi1-2804113.jpg

oozukinkahousi1-2804114.jpg


2016-04-23(Sat)

不明種

平成28年04月08日 (2016年)

ほとんど水たまり状態の中に発生していた。この時期の水たまりは冷たかろうにと思いながら撮影した。
肉が薄くて傘表面からひだの模様が透けて見えるようだ。
ひだ側から見ると蕗の葉が透けて見えるようだ。

fumeisyu1-2804081.jpg

fumeisyu1-2804082.jpg

fumeisyu1-2804083.jpg

fumeisyu1-2804084.jpg

fumeisyu1-2804085.jpg




2016-04-22(Fri)

フクロシトネタケ(Discina perlata)

平成28年04月08日 (2016年) 

フクロシトネタケとオオシトネタケは肉眼的形態からは判別が困難らしい。胞子を確認しても未成熟菌のうちはほとんど同じらしい。成熟するとフクロシトネタケの胞子は楕円形の両端が,くちばしのように尖ってくるようだ。一方のオオシトネタケは両端が無数のトゲ状になるらしい。

この子実体はどちらだろう。
胞子を確認してみたが見つけることができなかった。結局どちらか分からないのだが、色合いがかなり明るいので、フクロシトネタケにしてみた。かなりいい加減な判別だけど。

ちなみにフクロシトネタケの色は茶色系でオオシトネタケの色は黄褐色~暗赤褐色の褐色系とネットや図鑑に記されている。

fukurositonetake1-2804085.jpg

fukurositonetake1-2804081.jpg

fukurositonetake1-2804082.jpg

fukurositonetake1-2804083.jpg

fukurositonetake1-2804084.jpg

fukurositonetake2-2804081.jpg

fukurositonetake2-2804082.jpg

fukurositonetake2-2804084.jpg

fukurositonetake2-2804083.jpg

fukurositonetake2-2804085.jpg

2016-04-21(Thu)

タヌキノチャブクロかな

平成28年04月05日 (2016年) 矢大臣山

木から発生しているのでタヌキノチャブクロとしたけど,安易すぎるだろうなぁ。

tanukinotyabukuro-2804051.jpg

tanukinotyabukuro-2804052.jpg

取りあえず胞子を確認してみたけど、よく分からない。よく見たらただの丸形ではなく、くちばしみたいのがあった。さらによく見ると周辺がギザギザに見えたり、いろいろな形があるように見える。

tanukinohousi1-2804051.jpg

tanukinohousi1-2804052.jpg

tanukinohousi1-2804053.jpg


2016-04-21(Thu)

カワラタケかな?

平成28年04月05日 (2016年) 矢大臣山

以前にも同じのを見たけど自信がない。

kawaratakeka-2804051.jpg

kawaratakeka-2804052.jpg

kawaratakeka-2804053.jpg

プロフィール

花鳥きのこ好き

Author:花鳥きのこ好き
2012年7月12日(木)に開設しました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
滞在ユーザーカウンター
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる