2016-08-30(Tue)

クリイロイグチモドキ(Gyroporus longicystidiatus Nagasawa & Hongo)

平成28年08月19日(月) (2016年) 第2回菌類調査

「新版北陸のきのこ図鑑」に傘の小鱗片密布の記述がある。小鱗片密布とはこの子実体の状態を指すのか自信がなかったが、「きのこおしゃべりボード」掲示板でご教示いただき、また一つ知識を得ることができた。

学名の「longicystidiatus」とは「長い縁シスチジアを持つ」との意味だそうだ。
乾燥標本で確認したらそれらしいものを確認できたが、「これがそうだ」との確信というか自信がない。シーズンオフにでも時間をかけて再確認したい。
他の特徴として、柄の表皮がかなり硬いと感じた。まるでなにかの薄い殻のようだ。

クリイロイグチモドキについては、きのこ狂gajinさんの「オケラ日記」のブログにきれいな子実体がアップされ、長い縁シスチジアも紹介されている。

kuriiromodoki1-2808191.jpg

kuriiromodoki1-2808192.jpg

kuriiromodoki1-2808193.jpg

kuriiromodoki1-2808194.jpg

縁シスチジアの画像だがかなり自信がない。管孔先端に長いシスチジアが見えるように思うが、周辺にも菌糸のようなものがあるので、戸惑っている。
kuriiromohousi1-2808191.jpg




2016-08-30(Tue)

ウスキニガイグチ(井口新称)(Tylopilus alkalixanthus Amtoft)

平成28年08月19日(月) (2016年) 第2回菌類調査

味見をすると弱い甘みと渋みがあった。少し気になる点として、柄を触っているうちに褐色変してきたように思える。そのような現象があるのだろうか。と思ったが、Tさんのサイトで紹介されている画像でも、褐変しているように見える。

usukinigaiguti1-2808191.jpg

usukinigaiguti1-2808192.jpg

usukinigaiguti1-2808193.jpg

usukinigaiguti1-2808194.jpg

usukinigaiguti1-2808195.jpg

2016-08-26(Fri)

コウモリタケ()

平成28年08月19日(月) (2016年) 第2回菌類調査

林内のあちらこちらの群生していたが、どれも老成し腐食気味だった。

koumoritake2808191.jpg

koumoritake2808192.jpg

2016-08-26(Fri)

ベニウスタケ(Cantharellus cinnabarinus (Schwein.) Schwein.)

平成28年08月19日(月) (2016年) 第2回菌類調査

この子実体も老成しているので、やや自信はないがベニウスタケで良いと思う。

beniusutake2808191.jpg
2016-08-26(Fri)

ベニイグチ(Heimioporus japonicus (Hongo) E. Horak)

平成28年08月19日(月) (2016年) 第2回菌類調査

このベニイグチもかなり老成していた。二日ほど前に調査に来ていれば、新鮮な子実体に出会えたような気がする。
他のイグチでは他の人がセイタカイグチも採集していた。

傘の紅色と柄の隆起した網目が印象的だった。今度は新鮮な子実体と出会いたいな。

beniiguti2808191.jpg

beniiguti2808192.jpg

beniiguti2808193.jpg

beniiguti2808194.jpg


2016-08-26(Fri)

アシナガイグチ(Boletellus elatus Nagasawa)

平成28年08月19日(月) (2016年) 第2回菌類調査

この子実体は高さが18㎝程度だったが、既に倒れかかっていた。他の人が採集したものは25㎝前後あった。

asinagaiguti2808191.jpg

asinagaiguti2808192.jpg

asinagaiguti2808193.jpg

asinagaiguti2808194.jpg




2016-08-26(Fri)

アカジコウ(Boletus speciosus)

平成28年08月19日(月) (2016年) 第2回菌類調査

イグチ類が数種発生していたが、ほとんど老成したものばかりだった。
このアカジコウも倒れかかっていた。というか傘が巨大化して倒れないように傘の縁で支えている状態だ。
傘径が15㎝前後あった。

akajikou2808191.jpg

akajikou2808192.jpg

akajikou2808193.jpg


2016-08-23(Tue)

「モモアシベニタケ(A氏仮称)」または「ミツイロベニタケ(B氏仮称)」

平成28年08月08日(月) (2016年) 白河市

平成29年03月03日(金)修正
タイトルをイロガワリベニタケ(Russula rubescens Beardslee)?として掲載していたが、その後いろいろ教えていただき、「モモアシベニタケ(A氏仮称)」または「ミツイロベニタケ(B氏仮称)」で学名不明種にタイトルを変更した。


老成した子実体ばかりで,あまり良いものを採集することができなかった。(老成していると思っていたが、若い菌のうちからこのように退色したような色合いの種のようだ。)
平成28年08月05日(金) (2016年) いわき市田人http://birdfungi.blog.fc2.com/blog-entry-1076.htmlの観察会で採集されたが、それと比べると全体の色合いがくすんで見える。これは老成のためか、かびているのか、別種か気になる。

まだアップしていないが、平成28年8月20日(土)にもいわき市の観察会でも採集した。

Russula rubescensでネット検索すると、http://www.mushroomexpert.com/russula_rubescens.htmlに情報が載っていた。

irogawaribenitake2-2808082.jpg

irogawaribenitake2-2808083.jpg

irogawaribenitake2-2808084.jpg

irogawaribenitake1-2808081.jpg

irogawaribenitake1-2808082.jpg

irogawaribenitake1-2808083.jpg

傘表皮拡大して撮影してみたが、もっと拡大率が高くないと状態が分からないなぁ。
irogawaribenitake1-2808084.jpg

胞子も撮影してみた。
irogawaribenihousi1-2808083.jpg

irogawaribenihousi1-2808085.jpg


2016-08-16(Tue)

ヒロハウスズミチチタケ(Lactarius subplinthogalus)

平成28年08月08日(月) (2016年) 白河市

少し雨が降ったので期待を持って行ってみた。しかも今日は雨が降らないと天気予報で言っていた。安心して駐車場を出発し、きのこを撮影していたら、1時間足らずで急に雨が降り出した。しかもかなり強い雨でカメラなどが濡れると思ったが、幸いに撮影用に白いビニル傘を持っていったので助かった。

記録を見てみると昨年もこの場所で見ていた。今回はかなり成熟が進んでいたので、きれいな子実体を撮れなかった。

大きく生長した子実体は10㎝弱あったように思う。
hirohausuzumititita2808081.jpg

hirohausuzumititita2808082.jpg

hirohausuzumititita2808083.jpg

持ち帰ってから撮影のため傷つけてみたが、乳液があまり出なかった。乾燥したのだろうか。
hirohausuzumititita2808085.jpg

現地で撮影した同じ子実体。
hirohausuzumititita2808087.jpg

乳液はかなり多めに出ていた。
hirohausuzumititita2808086.jpg

胞子の画像はたくさん撮ってみた。
irogawaribenihousi1-2808081.jpg

irogawaribenihousi1-2808082.jpg

irogawaribenihousi1-2808083.jpg

irogawaribenihousi1-2808084.jpg

irogawaribenihousi1-2808085.jpg

irogawaribenihousi1-2808086.jpg


2016-08-15(Mon)

タマアセタケ(Inocybe sphaerospora Kobayasi)

平成28年08月05日(金) (2016年) いわき市田人

柄基部が丸く膨らんでいたのでタマアセタケとしたが、種名を確認するには顕微鏡観察が必要のようだ。

tamaasetake2808052.jpg

tamaasetake2808053.jpg


プロフィール

花鳥きのこ好き

Author:花鳥きのこ好き
2012年7月12日(木)に開設しました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
滞在ユーザーカウンター
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる