2016-09-29(Thu)

ヤマドリタケモドキ(Boletus reticulatus Schaeff. s. l.)

平成28年09月01日(木) (2016年) 牡丹園

巨大化して群生していた。その雰囲気を画像で出せたかなと思う。

yamadoritakemodoki1-2809012.jpg

yamadoritakemodoki1-2809011.jpg

幼菌の傘にハエが止まっていた。慌ててシャッターを押してみた。
yamadoritakemodoki1-2809013.jpg

ハエがいなくなったのでもう1枚。
yamadoritakemodoki1-2809014.jpg

2016-09-29(Thu)

チチアワタケ(Suillus granulatus (L.) Roussel)

平成28年09月01日(木) (2016年) 牡丹園

一年ぶりのご対面だったかも。どこかの観察会で採集されたものを見てるかな。
画像の傘色は少し赤みが強く写ってしまった。どうしてだろう。

titiawatake1-2809011.jpg

titiawatake1-2809012.jpg

2016-09-29(Thu)

シロソウメンタケ(Clavaria fragilis Holmsk.)

平成28年09月01日(木) (2016年) 牡丹園

群生していた。薄暗い林内の草地に群生していると、遠目にもハッキリと目立つ。

sirosoumentake1-2809011.jpg

sirosoumentake1-2809012.jpg

2016-09-29(Thu)

シロカイメンタケ(Piptoporus soloniensis)

平成28年09月01日(木) (2016年) 牡丹園

巨大化したきのこがいろいろ発生していた。きっと長雨のせいだろうと思う。
このシロカイメンタケは直径が25~30㎝程度だったが、形が面白いなと思った。

sirokaimentake1-2809011.jpg

sirokaimentake1-2809012.jpg

2016-09-29(Thu)

ツエタケ属(Dactylosporina)

平成28年08月26日(金) (2016年) グランデコスキー場

1本だけあったけど今年はツエタケをあまり見ないなぁ。他の場所でもほとんど見ない。

あれれ?これってひょっとするとヒロヒダタケだろうか。アップの画像を見て迷ってしまった。柄基部を確認しなかったからなぁ。おそらく埋もれ木からは発生していないと思うので、ツエタケで良いことにしておこう。

tuetake2808261.jpg

tuetake2808262.jpg


2016-09-29(Thu)

モリノカレバタケ属?

平成28年08月26日(金) (2016年) グランデコスキー場

最近は忙しくてブログのアップもままならない。自分の蒔いたタネなのでしょうがないけど。

総じてきのこが少ない状況だったが、このきのこは遊歩道脇にまとまって発生していた。

morikarebazoku2808261.jpg

morikarebazoku2808262.jpg

morikarebazoku2808263.jpg

morikarebazoku2808264.jpg

2016-09-23(Fri)

フウセンタケ属(Cortinarius)

平成28年08月26日(金) (2016年) グランデコスキー場

フウセンタケ属で幾つかの候補が挙げられるのだが、確信が持てないなぁ。

fuusentake2808261.jpg

fuusentake2808262.jpg


2016-09-23(Fri)

取りあえず不明種

平成28年08月26日(金) (2016年) グランデコスキー場

久しぶりの更新になってしまった。いろいろ忙しいのが重なってしまった。それでもきのこ採集に入っているが、更新する暇がない。
今日はパートナーのお付き合いでグランデコスキー場に、アサギマダラを見に行ってきた。

取りあえず不明種にしておこう。何か分からない。シーズンオフにでも調べられるかな。
fumei2808261.jpg

fumei2808262.jpg
2016-09-06(Tue)

モミタケ(Catathelasma ventricosum (Peck) Sing.)

平成28年08月20日(火) (2016年) いわき市(いわきキノコ同好会観察会)

観察会で見つけられたが、自分が見つけられなかったので、持ち帰ることができなかったのが残念だ。
頂部から基部までで15㎝~20㎝あった。

momitake1-2808202.jpg

momitake1-2808203.jpg
2016-09-06(Tue)

オオゴムタケ(Trichaleurina tenuispora M. Carbone, Yei Z. Wang & C.L. Huang)

平成28年08月20日(火) (2016年) いわき市(いわきキノコ同好会観察会)

オオゴムタケの若い菌は見たことがなかった。いつも目にするのは、成熟したオオゴムタケばかりだった。図鑑を見ても成熟したオオゴムタケしか掲載されていない。と思っていたら、「増補改訂版 新版 日本のきのこ」山渓に、小さな画像が載っていた。今まで気がつかなかった。
遠目に見たときにオオゴムタケに似ていると思ったが、近寄ってみると自分が知っているオオゴムタケと全く違う形なので、何だろうと不思議に思った。

oogomutake1-2808201.jpg



プロフィール

花鳥きのこ好き

Author:花鳥きのこ好き
2012年7月12日(木)に開設しました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
滞在ユーザーカウンター
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる