2017-06-29(Thu)

キアシベニヒダタケ(Pluteus romellii )

きのこ調査結果(今年度第1回)  その3

平成29年06月12日(月)(2017年)

乾燥標本になっていなかった(笑)数少ない種だった。
kiasibenihidatake2906121.jpg

kiasibenihidatake2906122.jpg

kiasibenihidatake2906123.jpg

採集時のひだは透明感のある白色だったが、帰宅後の撮時には、ピンクっぽい肉色になっていた。
kiasibenihidatake2906124.jpg

kiasibenihidatake2906125.jpg

kiasibenihidatake2906126.jpg

kiasibenihousiFURO2906121.jpg

kiasibenihousiKOH2906121.jpg

kiasibenihousiMERU2906121.jpg








2017-06-29(Thu)

きのこ調査結果(今年度第1回)  その2

平成29年06月12日(月)(2017年)

調べてみたがモミウラモドキ亜属までしか分からなかった。

momiuramodokiazoku2906121.jpg

momiuramodokiazoku2906122.jpg

momiuramodokiazhousi2906121.jpg

momiuramodokiazhousi2906122.jpg

momiuramodokiazhousi2906123.jpg

モミタケもあった。モミの木がポツポツとあるのでそれと共生しているのだろう。
usutake2906121.jpg

usutake2906122.jpg



2017-06-27(Tue)

きのこ調査結果(今年度第1回)  その1

平成29年06月12日(月)(2017年)
雨が少なすぎて予想どおりの結果になってしまった。ほとんどきのこが発生していない。
数少ないきのこのほとんどが自然乾燥標本状体だった。
調査開始早々に雨が降り出し、採集品のチェックも大変だったよ~!! 今日の天気は雨は降らないって予報だったのにっ!

ホウキタケ属かな。乾燥している。
houkitakezoku2906121.jpg

カワラタケなどの硬質菌も乾燥してパリパリだった。
kawaratake2906121.jpg

モエギタケ属と思われるきのこ。貴重な生状体のきのこなのに、メンバーの誰かが踏んだのだろうか。
kisamatumodoki2906121.jpg

カレバタケ属のきのこかな?完全なる乾燥標本だ。コガネカレバタケだろうか。koganekareba2906121.jpg

koganekareba2906122.jpg

koganekarebahousi2906121.jpg

koganekarebahousi2906122.jpg

koganekarebahousi2906123.jpg

koganekarebahousi2906124.jpg

koganekarebahousi2906125.jpg



2017-06-18(Sun)

マツオウジ(Lentinus lepideus)新;キカイガラタケ科 旧;ヒラタケ科

平成29年06月09日(金)(2017年)

きのこはこのマツオウジ以外に何も無かった。今年はどこに行ってもきのこがほとんど発生していない。
このマツオウジは一つの塊からたくさんのきのこが発生しているような形になっているので、珍しいと思って撮影した。
マツオウジは変異が多いなぁと思っている。先日は、柄がまるでツエタケのように根状に細長く伸びたものを採集した。

matuouji1-2906091.jpg

形が面白いので角度を変えて撮影してみた。
matuouji1-2906092.jpg

発生場所が立木に見えるが倒木だった。
matuouji1-2906093.jpg

2017-06-15(Thu)

モエギタケ科モエギタケ属 モエギタケ(Stropharia aeruginosa)

平成23年11月06日(日)(2011年)
ブログを立ち上げる前に撮影していた画像をアップした。

moegitake2311061.jpg

moegitake2311062.jpg

moegitake2311063.jpg

moegitake2311064.jpg



2017-06-15(Thu)

モエギタケ科モエギタケ属 モエギタケ(Stropharia aeruginosa)

平成23年11月04日(金)(2011年)
ブログを立ち上げる前に撮影していた画像をアップした。

思いがけず発見。とても感動したことが思い出される。夢中になって撮影した。

moegitake2311041.jpg

moegitake2311042.jpg

moegitake2311043.jpg

moegitake2311044.jpg

moegitake2311045.jpg




2017-06-15(Thu)

キヒダナラタケ

平成23年10月26日(水)(2011年)

ブログを立ち上げる前に撮影していた画像をアップした。
柄が極端に脆い。ポキポキと折れてしまった。キヒダナラタケにこのような特徴があるのだろうか。

kihidanaratake2310261.jpg

kihidanaratake2310262.jpg

kihidanaratake2310263.jpg

kihidanaratake2310264.jpg

kihidanaratake2310265.jpg

kihidanaratake2310266.jpg
2017-06-14(Wed)

牡丹園

平成29年06月06日(火)(2017年) 牡丹園

この時期はなにがしかのきのこで楽しめるのだが・・・・。一度発生しかけたようだが、干からびてカビに侵されてしまったベニタケ属があっただけだ。あっ、そうそう、マツオウジだけは2カ所で見つけた。

ベニタケ属かな?
benitakeka1-2906061.jpg

ヒロハシデチチタケだろうか?
benitakeka2-2906062.jpg

benitakeka2-2906061.jpg

これはカワリハツのように見えるなぁ。
benitakeka3-2906061.jpg

benitakeka3-2906062.jpg

以上でした。・・・・異常でした。
2017-06-13(Tue)

ヌメリスギタケモドキ(Pholiota cerifera (P. Karst.) P. Karst.)

平成29年05月30日(火)(2017年)

前回と同じ場所にかなりの量が発生していた。しかも新鮮な子実体がほとんどだった。

numerisugimodo2905301.jpg

numerisugimodo2905302.jpg

numerisugimodo2905303.jpg

numerisugimodo2905304.jpg

numerisugimodo2905305.jpg

2017-06-10(Sat)

クヌギタケの仲間かなぁ?

平成29年05月30日(火)(2017年)

パッと見た時はセンボンクヌギタケかと思った。あるいはクヌギタケかもと思った。でも柄の長さが短いように思って引き抜いたら、それなりの長さがあるのでやっぱりクヌギタケ属かなと思った。
ひだは淡紅色のものや帯灰黄白色のものもある。このあたりの特徴はクヌギタケ属のように思える。
ホウライタケ科のMycopan属「Mycopan scabripes」の可能性もありそうとのご意見もいただいた。
確かに肉眼的形態が似ている。
ホウライタケ科のMycopan属「Mycopan scabripes」だろうかと思うに至ったが、結局よく分からない。

注)傘についている白いツブツブ状の斑点は虫だった。

fumei1-2905301.jpg

fumei1-2905302.jpg

fumei1-2905303.jpg

fumei1-2905304.jpg

fumei1-2905305.jpg

担子器の小柄がやけに長いような気がする。これって特徴の一つと思われるのだが・・・・
fumeihousi1-2905301.jpg

fumeihousi1-2905302.jpg

fumeihousi1-2905303.jpg

fumeihousi1-2905304.jpg

fumeihousi1-2905305.jpg

プロフィール

花鳥きのこ好き

Author:花鳥きのこ好き
2012年7月12日(木)に開設しました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
滞在ユーザーカウンター
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる